ファイナンシャルプランナーの福島佳奈美です。

最近、パートで働くママ友から、配偶者控除が150万円なるってどういうこと?
ってよく聞かれます。
このままの調子で働いたら負担が増えるのかな?
どのくらいまでで働けば、負担が増えないの?
などなど・・・。
社会保障の分野の106万円の壁も導入されているので、
正直、混乱してしまいますよね。
まだ、150万円に引き上げ決定前にこんなコラムをItmamaに執筆していました。
私は、税金面の配偶者控除の壁のインパクトは、夫の会社の「手当」が無ければ、そんなに気にする必要は無いという考えです。
ですが、社会保障分野の106万円の壁、130万円の壁は、将来受取る年金が増えるなどのメリットより、今の手取りが減ってしまうのを気にする人も多いのでは?と感じています。。
無理して子どもや家族と過ごす時間を減らして、パートの時間を増やしても、今の手取りが減ってしまう・・・というのを残念に思うかもしれない。
それなら子どもと一緒に過ごしたいという価値観もあるはず。
なんだか、制度に振り回されている気がして、モヤモヤ・・・。
150万円までは税金かからないから、女性がもっと働けるよって言われても。
育児、家事など、女性の負担はなかなか減らないんですけどね。
女性だけでなく、男性の働き方も変えてもらわないと!と思う今日この頃です。