ファイナンシャルプランナーの福島佳奈美です。

 

夏休みまっただ中、子どもたちは遊びに部活に勉強に忙しく過ごしています。

 

夏休みは、子どもも活動範囲が広がり、思わぬところでケガをしたりトラブルになったりということも考えられます。

 

そんな場合にどうすれば対応できるか、読売新聞の取材に協力させていただきました。

 

7月23日日曜日のくらし家庭欄の記事「子どもの事故にどう備える?」です。

 

だいぶ前の記事になってしまいますがお手元にある方は読んでみてくださいね。

 

 

私は、後半の自転車保険の部分にてコメントさせていただいています。

 

他人にケガをさせてしまったり、ものを壊してしまったりしたら、基本的には火災保険や自動車保険の特約につけられる「個人賠償責任保険」で対応できますので、ご自分の加入している保険をチェックしてみてください。

 

もう、8月。

 

どうか、ケガのない楽しい夏休みを過ごしてくださいね~!