老後資金2000万円?自分に必要な老後のお金を知ろう!

ファイナンシャルプランナーの福島佳奈美です。

2019年6月に金融庁の金融審議会市場ワーキング・グループ が発表した、「 高齢社会における資産形成・管理」という文書。 いわゆる老後2,000万円問題の発端になった報告書で、平均的な高齢者夫婦の世帯では公的年金だけでは生活資金が不足するため、2,000万円程度の蓄えが必要、というのがざっくりとした内容でした。

正直、「どうしてそんなに大騒ぎになっているのだろう・・・?」という感覚でした。今まで私を含めFPは同じようなことを言っていたからです。数十年後の物価やもらえる年金額ははっきりとわからなくても、年金だけでは生活できないのは暗黙の了解。それがはっきりと公的な文書として出されたものですから動揺したのかもしれません。

ちょうど、同じころ書いたコラムが「保険チャンネル」というサイトにアップされました。

FPが指南する、「老後の不安」を具体的に解消する3つの方法

これを読めば、老後資金2,000万円を貯めるためには、年間いくら貯めればいいのかがわかります!

しかし、そもそも老後資金がいくら必要なのかは、人それぞれです。

『自分の場合だったらどうなるのか』という現実を早めに確認すれば、老後の不安も解消できるはずです。

年金については先日、5年に一度の財政検証も発表されましたね。

こちらについては、また改めて。

Follow me!