コラム執筆情報

新型コロナウイルス、保険金割増などの対応について

病院イラスト

ファイナンシャルプランナーのふくしまかなみです。

とうとう、新型コロナウイルスの影響で全国に緊急事態宣言が出ました。

毎日のように感染者が増えていく報道を見て、「今頑張れば拡大を止められるんだ」と

自粛生活を頑張っている方もたくさんいると思います。

ただ、生きていくためにお金が必要、というのも事実ですよね。

収入が減った人に支給される予定だった30万円の給付金が、

全国民を対象に一律10万円支給と変更になったり、毎日のように情報が変わります。

日々、ネットやテレビのニュースに気を付けていかないといけませんね。

先日、ファイナンシャルフィールドに執筆したコラム

新型コロナにかかったら保険金は出る?失業や収入減で保険料を払うのが厳しい場合はどうすればいい?

こちらも、執筆時とは内容が変わった部分が出てきました。

これは、良い方向に変わっています。

執筆時は、生命保険の死亡保険金のうち、 災害死亡保険金(特約)は 、コロナウイルスは該当しない(死亡保険金は支払われない)とされていましたが、

明治安田生命、日本生命をはじめとして大手保険会社は、一転、「対象とする(死亡保険金を支払う)」と発表しました。

また、かんぽ生命は、感染症で死亡した場合は保険金を2倍支払うとしていますが、コロナもこの対象とするとしています。

コロナで入院した時だけでなく、軽症なのでホテル滞在や自宅療養の場合でも入院とみなして入院給付金の対象とする、といったことも報道されています。さまざまな「特例」が出てきています。

もちろん、保険を使わなくてすむように、コロナにかからないよう過ごすことが一番大切です!

生命保険については、保険会社や商品によって対応が異なる場合がありますので、気になることがあれば契約している保険会社に問い合わせてみましょう。

また、コロナの影響で収入が減り、加入している生命保険料の支払いが厳しい・・・という場合、6カ月程度の支払い猶予期間を設けるという保険会社が多く出てきています。こちらは、「申し出」をしなければ猶予されませんので、自己判断で支払いを止めたりせず必ず猶予の申し込みをしましょう。

国民年金でも保険料の支払い猶予を設けていますし、

電気やガス、電話料金などの公共料金でも支払い猶予を行っているところが多くありますので問い合わせてみましょう。