教育費

自宅外通学の大学に通う場合の新生活準備費用はどのくらいかかりますか?

自宅外から大学に進学する場合、学費の他に住居費や生活費がかかります。特に、アパートやマンション、学生寮などに入居するためには、まとまったお金がかかりますので保護者の方は必要な資金を準備しておく必要があります。

大学生の新生活準備にかかるお金具体的にはどのくらい必要?

その場合、参考になる調査結果が、全国大学生活協同組合連合会が行っている「保護者に聞く新入生調査報告書」です。 自宅外通学の大学生の新生活準備費用を確認するには、こちらの2018年度の調査の、「住まい探しの費用」と「生活用品購入費用」を参考にすると良いでしょう。

住まい探しの費用

同調査によりますと、国公立大の平均で、187,700円、私立大では224,500円となっています。住まいを探すためには、住まいそのものにかかる敷金・礼金や前払い分の家賃はもちろん、自宅から大学の近くの地域までの交通費や宿泊費用もかかりますので、こちらを含めての金額となっています。 交通費や宿泊費用は、大学受験の際に、『合格した場合に入居する』という前提で探して予約しておくということもできるようです。そうすると、別途交通費や宿泊費はかからないですね。ただ、その場合は受験時に親御さんも一緒に付き添って住まい探しをするでしょうから、その分の費用は見込んでおいた方がよさそうです。
部屋探し
大学進学時期には、同じように住まい探しをする方がたくさん出てくるでしょうから、決められた期間で気に入った物件を見つけるためには、親御さんがあらかじめ住まいのエリアを選んだり、予算に合った物件があるかどうかをネットの不動産情報を活用して調べておいたりすると良さそうです。

生活用品購入費用

同調査では自宅生、下宿生それぞれ調査結果が出ています。 まず国公立大の場合、自宅生で88,900円、下宿生では301,900円が平均値です。私立大では、自宅生80,100円、下宿生298,600円という平均値になっています。 国公立大、私立大ともに、下宿生の場合は生活用品をそろえるのに30万円前後かかっているということになります。

受験から入学までにかかった費用

ちなみに、同調査によりますと、大学受験出願から受験、学校への納付金、住まい探しの費用などすべてを含めた「受験から入学までにかかった費用」は、自宅生の場合、国公立大学で1,278,700円、私立1,530,500円。下宿生の場合、国公立大学で1,957,500円、私立2,270,500円となっています。 こうしてみてみますと、自宅外から大学に進学する場合は自宅から通う場合と比較しても余計にお金が必要になりますので、計画的に準備を進めておく必要があります。

生活準備にかかるお金が足りない時

これらの進学のための生活準備に必要な資金が足りない場合、奨学金では入学準備金には間に合いません。教育ローンや加入済みの貯蓄性のある生命保険の契約者貸付などを検討してみましょう。その後、奨学金が入ってきたらそれを返済に充てる方法もあります。 調査の詳細は、全国大学生活協同組合連合会ホームページの2018年度保護者に聞く新入生調査の概要報告をご覧ください。