コラム執筆情報

新型コロナウイルス、保険金割増などの対応について

病院イラスト

ファイナンシャルプランナーのふくしまかなみです。

とうとう、新型コロナウイルスの影響で全国に緊急事態宣言が出ました。

毎日のように感染者が増えていく報道を見て、「今頑張れば拡大を止められるんだ」と自粛生活を頑張っている方もたくさんいると思います。
ただ、生きていくためにお金が必要、というのも事実ですよね。
収入が減った人に支給される予定だった30万円の給付金が、
全国民を対象に一律10万円支給と変更になったり、毎日のように情報が変わります。

日々、ネットやテレビのニュースに気を付けていかないといけませんね。
先日、ファイナンシャルフィールドに執筆したコラム

新型コロナにかかったら保険金は出る?失業や収入減で保険料を払うのが厳しい場合はどうすればいい?

こちらも、執筆時とは内容が変わった部分が出てきました。
これは、良い方向に変わっています。執筆時は、生命保険の死亡保険金のうち、 災害死亡保険金(特約)は 、コロナウイルスは該当しない(死亡保険金は支払われない)とされていましたが、明治安田生命、日本生命をはじめとして大手保険会社は、一転、「対象とする(死亡保険金を支払う)」と発表しました。
また、かんぽ生命は、感染症で死亡した場合は保険金を2倍支払うとしていますが、コロナもこの対象とするとしています。コロナで入院した時だけでなく、軽症なのでホテル滞在や自宅療養の場合でも入院とみなして入院給付金の対象とする、といったことも報道されています。さまざまな「特例」が出てきています。
もちろん、保険を使わなくてすむように、コロナにかからないよう過ごすことが一番大切です!

生命保険については、保険会社や商品によって対応が異なる場合がありますので、気になることがあれば契約している保険会社に問い合わせてみましょう。

また、コロナの影響で収入が減り、加入している生命保険料の支払いが厳しい・・・という場合、6カ月程度の支払い猶予期間を設けるという保険会社が多く出てきています。

こちらは、「申し出」をしなければ猶予されませんので、自己判断で支払いを止めたりせず必ず猶予の申し込みをしましょう。
<ahref=”https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2020/202003/20200304.html”>国民年金でも保険料の支払い猶予を設けていますし、
電気やガス、電話料金などの公共料金でも支払い猶予を行っているところが多くありますので問い合わせてみましょう。

ライフプラン戦略会議のお知らせ
【50代女性向けライフプラン戦略会議】を月に1~2回程度、ZOOM会議にて開催します。

気になるお金やキャリアの話、ちょっと気になる老後について、真剣に考えてみるきっかけになる少人数制の無用で参加できるオンライン会議です。

開催スケジュールカレンダーをご確認の上、 こちらから、ご都合のよい日程でご予約ください。


    詳細はこちら
福島佳奈美(ふくしまかなみ)
この記事を書いた人
ふくしまかなみプロフィール
情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として約9年間勤務、出産を機に退社。自らの家計管理に悩んだことから子育て中の2006年にファイナンシャルプランナー(CFP®)資格を取得し、独立系FPとして活動開始。

教育費・保険・家計見直し等のセミナー講師や、保険・住宅ローン・教育費・老後資金準備など幅広いテーマでのマネーコラム執筆の実績多数あり。

個人相談ではお金の不安をなくすための正しい知識とライフプランニングの重要性を伝えるため、オンラインFP相談実施中。

保険や金融商品を売らない独立系のファイナンシャルプランナーです。

>>詳細プロフィールはこちら
\ Follow me /
【貯まる家計】に変えるための無料メール講座登録はこちら