コラム執筆情報

1人10万円もらえる「特別定額給付金」申請方法についてのコラム執筆しました

ファイナンシャルプランナーのふくしまかなみです。

6月に入り、紫陽花の季節になりました。

紫陽花で有名なのは、鎌倉の長谷寺や明月院。
今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、長谷寺は往復はがきによる事前申し込みが必要だそうです。
人数制限があるので逆にゆっくり見られるかもしれませんね。
有名な「あじさい路」以外は、予約なしでも入れるそうです。

さて、1人10万円もらえる「特別定額給付金」ですが、みなさんはもう申請されたでしょうか。

我が家では先日、ようやく自治体からの申請書類が届きました。
申請受付開始から約1か月。かなり時間がかかってます。
ちなみに、同じ日に「アベノマスク」も届きました!

当初は、マイナンバーカードで申請を行おうと思っていたのです。
世帯主である夫はマイナンバーカードも持っているし、パスワードも覚えてるし、パソリもあります。
その方が、手続きをスムーズなのだろうと思っていました。

しかし、いろいろな報道を見ていると、せっかくマイナンバーカードで申請しても
さらに自治体の職員の方が目視で確認しているのだとか。
それだったら、紙媒体での申請の方が早いのでマイナンバーカードによる申請受付を止めた自治体まであるそうです。
どうやら申請書類を出した方が、職員の方の負担も軽そうなので、紙で出すことにしたのでした。

うーん・・・。
マイナンバーカード、もっと有効に事務手続きを減らせるような仕組みにできないのでしょうか。

1人10万円もらえる「特別定額給付金」申請方法について、ファイナンシャルフィールドにコラム執筆しましたので、
ぜひ、ご覧になってくださいね。

ライフプラン戦略会議のお知らせ
【50代女性向けライフプラン戦略会議】を月に1~2回程度、ZOOM会議にて開催します。

気になるお金やキャリアの話、ちょっと気になる老後について、真剣に考えてみるきっかけになる少人数制の無用で参加できるオンライン会議です。

開催スケジュールカレンダーをご確認の上、 こちらから、ご都合のよい日程でご予約ください。


    詳細はこちら
福島佳奈美(ふくしまかなみ)
この記事を書いた人
ふくしまかなみプロフィール
情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として約9年間勤務、出産を機に退社。自らの家計管理に悩んだことから子育て中の2006年にファイナンシャルプランナー(CFP®)資格を取得し、独立系FPとして活動開始。

教育費・保険・家計見直し等のセミナー講師や、保険・住宅ローン・教育費・老後資金準備など幅広いテーマでのマネーコラム執筆の実績多数あり。

個人相談ではお金の不安をなくすための正しい知識とライフプランニングの重要性を伝えるため、オンラインFP相談実施中。

保険や金融商品を売らない独立系のファイナンシャルプランナーです。

>>詳細プロフィールはこちら
\ Follow me /
【貯まる家計】に変えるための無料メール講座登録はこちら