教育費

無料で行けて給料がもらえる大学があるのですか?

防衛大学校は、学費が無料で、国家公務員としての給料ももらえるというのは知っていたのですが、他にもそんな大学校があるのでしょうか?(Oさん・女性・48歳)

日本の省庁が管轄している大学校に進むということは、卒業後の進路をほぼ決定づけるということ。専門的な知識を身に着けることもでき、就職もほぼ決まる…。「就活」に悩む必要がないのも大きな魅力といえます。

日本の省庁が管轄している大学校とは?

大学校として有名なのは、国土交通省が管轄する「海猿」で話題となった海上保安大学校、気象大学校、航空保安大学校、パイロットを目指せる航空大学校など。防衛省が設置する防衛大学校、防衛医科大学校もあります。

学費は免除ですが、全寮制で食費や光熱費、教科書代は自己負担の大学校もあります。
また、月々十数万円の「手当」が支給されます。

航空大学校は年間100万円程度の費用がかかります。

大学校を卒業後は学士号も取得できます。

大学校の難易度は?

学費ゼロで専門知識が学べ、給与も支給、就職も安心。こんな好条件だから難易度もかなり高く、倍率も高い狭き門となっています。

特に医学系の防衛医科大学校や、定員が15人程度の気象大学校は偏差値70前後とも言われています。

また、大学校によっては自衛官としての訓練がありますので、学力だけでなく体力も必要です。

大学校のメリットは?

学費や給与面のメリットはもちろんですが、卒業後の就職が約束されていることも大きいでしょう。一般の大学を卒業してから入ってくる方もいるくらいです。

ただし、勉学も訓練という位置づけですから、無断で休むことは許されませんし、内容も高度ですので、ついていくのも大変なはずです。

自分が学びたい、働きたい内容と合致し、本気で進学したいという気持ちがあることが大前提です。

ライフプラン戦略会議のお知らせ
【50代女性向けライフプラン戦略会議】を月に1~2回程度、ZOOM会議にて開催します。

気になるお金やキャリアの話、ちょっと気になる老後について、真剣に考えてみるきっかけになる少人数制の無用で参加できるオンライン会議です。

開催スケジュールカレンダーをご確認の上、 こちらから、ご都合のよい日程でご予約ください。


    詳細はこちら
福島佳奈美(ふくしまかなみ)
この記事を書いた人
ふくしまかなみプロフィール
情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として約9年間勤務、出産を機に退社。自らの家計管理に悩んだことから子育て中の2006年にファイナンシャルプランナー(CFP®)資格を取得し、独立系FPとして活動開始。

教育費・保険・家計見直し等のセミナー講師や、保険・住宅ローン・教育費・老後資金準備など幅広いテーマでのマネーコラム執筆の実績多数あり。

個人相談ではお金の不安をなくすための正しい知識とライフプランニングの重要性を伝えるため、オンラインFP相談実施中。

保険や金融商品を売らない独立系のファイナンシャルプランナーです。

>>詳細プロフィールはこちら
\ Follow me /
【貯まる家計】に変えるための無料メール講座登録はこちら